ガラスの傷

ガラスコーティングとガラスの傷について

ガラスコーティングとは、ガラスの傷を目立たなくするための技術のことです。
コーティング技術のひとつでもあり、ガラスコーティングというと自動車のガラスを直すことを指す場合もあります。
サービスとして提供している業者も多く、一般的には依頼してコーティングしてもらうことになります。
コーティング剤を購入してガラスを直すよりも確実で効果が高いのがメリットです。
しかもコーティング剤に比べると長持ちするという利点もあり、さらには洗車などでの傷がつきにくい傾向にあります。
傷がつきにくいというメリットを生かすために、1年おきに塗り直すといった人もいます。
サービスによっては利用回数によって値引きをしてくれるところもあるので、業者選びが重要になることもあります。
また光沢にも影響があるので、見た目を意識して利用する人も少なくはありません。
コーティング剤とは費用面での違いもあるので、経済状況なども考慮してから利用すると良いでしょう。

ガラスコーティングのおかげで愛車から小傷が消えた!

ガラスコーティングは、ガラス繊維を含む被膜で、車のボディなどを包み込み、飛び石や空気中に漂っている小さな埃との接触によって、小傷ができるのを防いでくれます。
多くの利用者を獲得し、何度でもガラスコーティングを実施するユーザーが多いのには、それ相応の理由があります。
一度施工しておけば、アフターメンテナンスが非常に楽であるというのもその理由の一つです。
よく比較されるワックスは、頻繁にメンテナンスを繰り返さないと、すぐに艶がなくなってしまいます。
週末ごとにワックスがけを行う生活を、ずっと続けるというのは、多くのユーザーにとって面倒なものです。
コーティングの施工が完璧に行われていると、乾燥した柔らかい布でサッと拭き取るだけで、付着した汚れがすぐに落ちてしまいます。
この手軽さを一度でも経験してしまうと、もう二度とワックスには戻れないと感じる人が多いのです。
また、重ねがけができるという点もガラスコーティングの大きなメリットです。
二度目、三度目と重ねて施工をすればするほど、どんどん輝きが増していきます。

recommend

初めてのサバゲを楽しむ

Last update:2018/6/21