コーティングの維持

ガラスコーティングした車を維持するには!?

マイカーを持っている人にとって、洗車やワックスがけは欠かせません。
大切な車を常にきれいな状態に維持するのは当前です。
しかし、この洗車やワックスがけという作業はかなり面倒で、自分で頻繁に行うのが好きという人はあまりいないでしょう。
かといって、機械式の洗車マシンなどを使うと表面が傷むという指摘もあるので、それも気になるようです。
最も望ましいのは丁寧に手でワックスをかけ、汚れも同じように丁寧に手で洗い落とすことだといわれています。
しかし、もし車が汚れなければそもそも洗車は不必要になります、あるいは洗車する頻度がぐっと減ることになります。
最近、最新式のガラスコーティングを利用するというユーザが増えているようです。
他のワックスやコーティング剤に比べ、ガラスコーティングの特徴は、その被膜の強さです。
したがって、コーティング後の効果が長期間持続し、その間の洗車が楽になる、ということがメリットとして挙げられます。
被膜が強いことで小さな傷がつきにくくなり、その結果、車のツヤや色の美しさが長く続くということにもつながります。

水洗いだけで美しさを維持!ガラスコーティングあれこれ

車のボディ等に塗布することで表面にガラス(ケイ素)の膜を作る溶剤を塗ることをガラスコーティングと言います。
ガラスコーティングをした車は、数年の間水洗いをするだけで汚れが落ちて美しさを維持し、ちょっと擦った場合でも塗装を痛めたりしない点が優れてています。
最近では、ガラスコーティング剤も進化しており、単に表面の汚れを落としやすくするだけでなく、UVが塗装に吸収され色があせてしまうのを防ぐUVコーティング剤が添加されているものもあります。
最近では、DIYでコーティングができるセットも販売されるようになりましたので、比較的安い値段でコーティングすることもできるようになりました。
一方、ボディのクリーニング(特に金属粉)や、静電気の取り扱いを上手にしないと均一な塗布ができなくなったり、状態を維持できる期間が短くなってしまったりすることもあるため、専門に行っている会社でコーティングをした場合は、一段と違う仕上がりになります。

Favorite

大阪の探偵に依頼するなら

2017/12/21 更新