雨から守る

雨に強いガラスコーティング

梅雨時になると連日雨が続き、愛車が汚れ放題になってしまうことがあります。
しかし通常の戦車やワックス処理では雨を完全に防ぐことが出来ず、泣く泣く諦めてしまう人も少なくありません。
ですがそういった人の強い味方として挙げられるのがガラスコーティングです。
これは車に対し硬化系コーティングを行うもので、油脂分が非常に少なく、細やかな傷がつきにくいというメリットがあります。
また自然なつやがでるため、車本来の色を非常に綺麗に活かすことができるのも魅力です。
更に汚れが落ちやすいため、再度ワックスをかけることなく簡単な洗車で車体の汚れを落とすことができます。
このように様々なメリットがある一方、当然ながらデメリットも存在します。
まず施工にかかる費用が非常に大きいことが挙げられます。
車種にもよりますが、おおよそ5万円から10万円程度必要となります。
また業者に依頼せず自身で施工を行うとしても、失敗した時のやり直しも困難なため、それらのメリット及びデメリットをしっかり勘案し、ガラスコーティングを導入するかの検討を行うことをお勧めします。

雨に降られても愛車の美しさを保てるガラスコーティング

手に入れた時はピカピカと輝いていた自動車も、一年も経てばどこかみずぼらしくなってきます。
その大きな原因として雨風や紫外線が挙げられます。
自動車が光り輝いているのはボディを保護しているコーティング剤による効果が大きいのですが、雨風や紫外線にはその効果を失わせる力があるため、どんなに大切に扱っていてもいつかはボディの輝きはかすんでしまいます。
それでもできる限り長くコーティングの威力を実感していたいという方におすすめなのがガラスコーティングです。
コーティングには大まかに分けてワックス・ポリマー・ガラスの三種類がありますが、ガラスコーティングはその中でも最も効果が持続すると言われている他、水をかけるだけで砂埃が綺麗に落ちる、洗車後に拭き取らなくても水垢がつきづらいなど、多くのメリットを持っています。
他のコーティングよりもコストや施工時間がかかる面もありますが、ガラスコーティングを施した愛車を目にすれば、それらの不満はほとんど帳消しになるはずです。

check

埼玉県 貸倉庫

最終更新日:2017/6/22